30才女 出産後に夫への不満が爆発し離婚寸前から復縁

30才女 出産後に夫への不満が爆発し離婚寸前から復縁

第一子が生まれてすぐ育児の大変さと夫にもともと持っていた不満が爆発する形になり、夫と激しい口論になりました。

今まで溜まっていた不満をぶつける形になってしまったので、相手のほうとしてもとても腹が立ったようで何日も冷めた雰囲気が家庭内に漂っていました。

夫は自分の子供なのに、私との喧嘩がきっかけで子供のことまで無視するようになり「もうこんな人とは一緒に居るのは無理だ」と思って、実家に避難し別居という状態になりました。

その後も、夫からは電話もメールもなく数か月が過ぎました。

離婚が常に頭の中にありましたが、子供のことを思うと自分から離婚を切り出す気にもなれず、でも夫のほうから切り出して来たらもうどうしようもないので応じようと思っていました。

毎日、いつ離婚届が郵送されてくるのかハラハラしていた気がします。

「一緒に居るのは苦痛だけど、離婚までは踏み切れない」というもどかしさを常に感じる状態で、地獄のようでした。

唯一の癒しはまだ小さい我が子でしたが、このまま離婚になってしまうと思うと申し訳なさがこみ上げてきました。

そんな日々を送っていたある日、夫からメールが真夜中に届きました。

「ごめん、もう帰ってきてよ」と打ってあって、そのメールを見てどこかホッとした自分がいました。

その後は、すぐ電話で話しました。

お互いに治して欲しいところや、今後の育児に関して数時間真剣に話し合いました。

結婚後あんなに話し合ったことは後にも先にもありません。

この話し合いのお陰で、お互いにわだかまりが溶けて私もすんなりと夫がいる家へと帰ることが出来ました。

あの時、夫が謝ってくれず離婚届を送ってきたらきっと離婚になっていたと思います。

夫婦は小さい不満を日頃から溜めてしまうと、いつかそれが爆発して、いつ離婚になってもおかしくない状態になることがあります。

私たちは子供が居たお陰でお互いに離婚を踏みとどまることが出来ました。

現在は小さな不満は少しづつ伝えて治すようにお互いに努力しています。