35歳女 主人の浮気を許すことができず離婚したかったが面倒になった

35歳女 主人の浮気を許すことができず離婚したかったが面倒になった

私が主人と離婚をしたいと思ったのは、私が35歳の時です。

その時に、主人と子供2人と暮らしていました。

主人は会社員で子供は、幼稚園児と小学生です。

主人とは、お見合いで結婚をしました。

真面目な人と思ったので、結婚をしたら幸せになることができると感じたのです。

やっぱり恋愛と違って結婚の場合は、なんといっても真面目な人がいいですね。

そのことを恋愛の時から思っていたので、結婚をするならお見合いでもいいかなと思うところがありました。

結婚をしてからは、そんなにトラブルもなく平和に暮らしていたのです。

ところが、ちょっとおかしいなと思ったのは結婚をしてから10年目のことです。

なんとなく普段の主人と違うと思ったんですね。

そわそわしているというか、生活の中で落ち着きがないのです。

それは女性の勘として、直ぐに何かあると思うようになりました。

そして思うことは、やっぱり浮気をしているのではないかということです。

真面目な主人なので、そんなことを考えたくありませんでしたが、おかしいと疑う気持ちを払拭することができませんでした。

そこで証拠を掴んで、離婚をしてやると思うようになったのです。

しかし自分で証拠を掴むことはむつかしいのです。

そのため、探偵事務所にいってそこで掴んでもらうことにしました。

その結果は、やっぱり想像していた通り、浮気をしていることがわかりました。

その時は、愕然としてこれで離婚だと頭がカッとなりました。

離婚をしてからどんなに暮らそうなどということは、全くその時に考えていませんでした。

私も仕事をしていたので、なんとかなると思ったことはありました。

そして弁護士に相談をすることにしたのです。

その時、いろいろなことについて相談をしていると、なんとなく面倒だなと思うようになったんですね。

主人にそのことを問い詰めると、別れたので許して欲しいという一点張りです。

そんなことをしていたら、なんとなく別れることが面倒になったのです。

そのため、一緒に元のように暮らしています。