40歳既婚男性真剣にぶつかってセックスレスを解消

40歳既婚男性真剣にぶつかってセックスレスを解消

40歳既婚男性です。

3つ年下の妻と6年ほどセックスレスでした。

妻と結婚した当初は、セックスをそれなりに楽しんでいたのですが、数年した時から互いにセックスに対して及び腰になってしまっていました。

というのは、互いの仕事が忙しく常に疲れ気味であったのと、互いにただのもともと一緒に住んでいる家族のような関係になってしまったことが挙げられます。

特に後者にたいして今振り返るとかなり厄介な原因だったのではと思います。

 私も妻も性に対してオープンではなく、こうしたいああしたいという会話は以前はしたことがありませんでした。

また、日常の生活の中でも仲は悪くないのですが、少々お互いに線を引きすぎていたのではないかと思うことがありました。

 友人や兄弟たちが次々に子供を生んで次のステージに差し掛かっていく中で、やはり妻の方には30代も半ばに突入したあたりから焦りがありました。

これは私も反省点が多く、彼女の焦りの重大さを正面から受け止めているとは言えませんでした。

あるとき、大真面目に一週間位真剣にどうしたらよいか議論しました。

私も彼女も子供が欲しかったのでこのままでは不味いと思いました。

正直、議論の中ではお互いに罵倒したり、自分を責めたりを繰り返したこともありました。

しかし、離婚をかけてセックスレスの解消に進むことを約束しました。

 少々変に思われるかもしれませんが、私は結婚してから彼女とかなりの頻度で一緒にお風呂に入っていました。

お互いの裸には慣れきっていたのも良くなかったのかもしれません。

どうにもお互いに緊張感というものがなくなっていたようで、それが当然のようになってしまっていました。

ですので、具体的に、お互いに裸を見せないというところから始めることをしました。

 また、先に家族のような存在と言いましたが、これもお互いに気を遣っているのか遣っていないのかわからないような状態だったので、男と女ということをもう一回意識して、お互いに下着やお洒落に気をつけたり、日常のダラシナイ部分をなるべく見せないようにしようと約束しました。

 言うは易く行うは難しで、私達は何となくそうなってしまっていたのだと思いますが、何となくというのは本当に厄介です。

できるようになるには1年半程かかりました。

外で手をつないで歩いてみたり、最初は不自然だと思っても徐々にそれが出会ったときのような思いを取り戻せるようになるように徐々に徐々に積み上げていきました。

 また、私には加齢の問題もあったのか、能力自体にすっかり自信がなくなっていましたが、妻が色々と薬やサプリメントを調べてくれたりして、自分にあったものを見つけ出すことができました。

 情事は復活したとお互いに心から言えるところまで来ました。

ここまで来るのに、お互いかなり苦しかった、ハッタリや無理も多少あったというのがこないだ笑って話した本心です。

実際、まだ子供はできていません。

しかし、あのとき、セックスレスをお互いに放置していた未来よりは良い未来になっていると確信しています。