30歳女 SNSで出会いを探しリア凸&セックスレスを解消するも後悔

30歳女 SNSで出会いを探しリア凸&セックスレスを解消するも後悔

30代女性独身です。

学生時代から異性との交際が無かった私は、28歳になるまで殆どセックスをしたことがありませんでした。

しかし年齢と共に性欲も徐々に深まり、彼氏はいないのですがセックスレス状態に陥りました。

勿論身近な交友関係の中で彼氏を作ろうと努力しましたが、職場が激務であり出会いの場が無かったため、チャットアプリを使ってネット上で出会いを探しました。

某チャットアプリでは様々な地域に住む男女が常にやり取りを募集しており、簡単なプロフィールを入力すると友達申請が届きます。

一見マッチングアプリのようですが、大きく異なる点は「相手がどのような人物なのか正確に分からない」ということです。

マッチングアプリでは職種や結婚歴などの情報が表記されますが、このアプリはあくまでネット上の見知らぬ人物と「友達」になる程度の交流しかありませんので、相手の素性などは詳細に明記されていません。

私もそうと知りながら、あくまでネット上の彼氏を作ろうとしたのです。

現実で彼氏が出来ても休日出勤などで時間が作れないという事情もチャットアプリを利用した大きな要因です。

ただ、若干ですがアプリで出会った相手と実際に会ってみたりデートをすることも期待していました。

すると登録して数時間後、都内に住む同年代の男性から友達申請が来ました。

彼は私のプロフィールに記載した趣味に関心を持ち、連絡をくれたのです。

そして毎日遅くまで仕事をし終えた後は彼とアプリ上で何気ない会話をすることが日課となりました。

また彼は気さくに話しかけてくれたので互いの悩みを言い合ったり、時には私のセックスレスの相談まで乗ってくれました。

彼も私と同様に交際経験・性体験が一切無く、セックスレスの悩みを抱えていたのです。

セックスレスは肉体的な喪失感だけでなく、精神が満たされない不安感まで広く身体に影響するので、彼とは心の悩みも言い合える親密な関係になりました。

アプリ上でやり取りを初めてから3か月後、彼からデートのお誘いを頂き、初めて実際にお会いすることになりました。

彼は非常に真面目な人柄の男性でしたので好印象だったこともあり、日頃抱えている仕事や人間関係の悩み、趣味の話題をして楽しい時間を過ごしました。

夜になるとお互いは既に恋人同士のような雰囲気になっており、そこで私から関係を持ちたいと遠巻きに誘いました。

すると彼も同じことを考えていたようで、そのままホテルで関係を持ちました。

勿論セックスをしたのですからセックスレスは解消されたのですが、私は行為の後に突然気まずくなってしまいました。

彼も黙りこくってしまい、険悪な空気ではないもののお互いに超えてはならない一線を越えた背徳感に悩まされたのです。

それまで親友のような存在で、何でも話し合える気さくな関係だったというのに一晩にして今までの関係性が崩壊したようでした。

何より、肉体関係を持ったものの、それは勢いに任せた行為であり愛情を深め合うスキンシップとしての、本来のセックスではないと情事の後になって気付いたのです。

正直セックスをしている瞬間は彼に愛されているような錯覚に溺れ、心に空いた穴が満たされるような幸福感でいっぱいでした。

しかし行為の後は罪悪感に加え、一時の関係でしかないという虚無感に襲われました。

そのまま彼とは別れ、セックスをした日から二度と互いに連絡を取り合うことはしませんでした。

本来は友人関係止まりだったはずなのに、セックスレスを解消したいという安易な言動によってそれまでの良好な関係まで失ってしまったのですから、肉体関係を持った時点で二人の関係性は終わってしまったのです。

私は自分からホテルに行きたいと誘ったことを今でも後悔しています。

ネット上で出会った、素性の知れぬ男性と安易に性交渉したことを悔やむだけで無く、どんなにセックスレスで悩んでいても好いた相手ではない方との肉体関係は虚無感と表裏一体であると実感しました。

勿論セフレを作り、セックスレスを解消するという方法もありますが、この一件でセックスレスは愛情を持った者同士が行為に及ぶことで初めて心まで満たされるのだろうと学びました。

確かにセックスの最中は心身共に満足感がありますし、悩みを解決できた「成功例」だと言えますが、その場しのぎの関係で行為に至ると返って後悔の念に悩まされたり、一層セックスレスの悩みを深刻化させる恐れもあることをお伝えしたいです。