34歳 女 妊娠率の低下を夫に伝えた

34歳 女 妊娠率の低下を夫に伝えた

私は付き合っている時も結婚してからも、遠距離の期間が長く、ずっと離ればなれの生活をしていました。

ようやく入籍から半年ほど経ったころに私が仕事に一旦区切りをつけて夫のもとに引っ越し、二人そろっての生活がスタートしました。

一緒に生活しだした当初は、「ようやく」という気持ちで嬉しかったですし、新婚生活を満喫するかんじで夫婦生活の方もそれなりでした。

もともと、積極的に誘うのは夫の方で私はなんとなく雰囲気を出す程度ではっきりとした意思表示をすることはありませんでした。

しかし、そのスタンスだと徐々に感覚が開いていって、ついには1か月でも開いてしまうようになりました。

その間もキスやハグといったスキンシップはあるのですが、それ以上まで発展しないのです。

遠距離時代には物理的に不可能だったので、私も夫も性欲が強いわけではないのだと思います。

それでも私はとても寂しいと思っていました。

子どもが欲しいという会話もして、相手もそれには同意するのですが、結局行為が伴わないのです。

私の方からそういう雰囲気を出して、きっかけづくりをしても「ちょっと落ち着いて」なんて言われて拒まれて、落ち込みましたし、軽いトラウマでなかなか自分から積極的に行けなくなってしまいました。

あまり女性からぐいぐい来られるのは嫌なのかもしれません。

そうは言っても私も30代半ばなので、本気で子供が欲しければ悠長にはしていられません。

ブログで「セックスレス」というキーワードで検索し、他の方の体験談を読んだり、あるいは私の年齢や20代で妊活をされている方の記事を読んだりしたりして、この問題と向き合うモチベーションを高めました。

そして私は、まず30代半ばで妊娠できる確率は年々下がっていることを夫に伝えました。

そして、私が毎月付けている生理周期のカレンダーを思い切って夫に見せました。

「あんまり義務的に感じてほしくはないけれど、毎月の妊娠しやすい期間はちょっと意識してほしい」と伝えました。

男性と女性の違いなのでしょうか、夫は妊娠率のことなど、私に言われるまであまり気に留めていなかったようなのです。

でも真面目に話してみたら伝わりました。

いつも疲れていて、性欲よりも睡眠欲を選んでしまうとのことですが、話した後は私が「そろそろ」と伝えると応えてくれるようになりました。

それ以外の期間は今でも寂しいなぁと思って過ごすことが多いですが、相手の気持ちとペースに合わせています。